ヘレン・バンナーマンが人気~!

子供のころ大好きだった絵本です。5歳になる息子へ。さんぼがヤシの木の上に逃げて、その木の周りをトラ達がグルグルと回ってる・・・のはずでしたが、子供の頃の記憶違いでした。

これっ♪

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

ヘレン・バンナーマンちびくろ・さんぼ [ ヘレン・バンナーマン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ちょっとお待ちを!詳しく見る前に!

楽天カードはお持ちですか?

今なら買い物時にカードを利用すると
なんと 9000 ポイントもらえます。

さらに、カードで購入すると
ポイントがいつでも 4 倍ついてきます。

3ステップで簡単登録できるので、楽天をご利用ならカードでお買い物が断然お得ですよー!

しかも「永久無料」でご利用できます。
詳しくは下記のリンクをご覧下さいませ。

キャンペーン中なのでお早めに~

こどもの学校では!読書に力をいれており!毎朝読書の時間があったり!ボランティアのかたの読み聞かせなども行われていますが!現に小5と小3ののわたしのこどもも知りませんでした。「保育園にもあるよ」と孫にいわれました。全部ひらがなで字も大き目なので最近は一人でも読んでます(最後までは続きませんが(^^;))子供のとき大好きな本でした。小社は!検討を重ねた結果!復刊いたすことにしました。良くも悪くも古臭く、訳にも昭和の時代を感じます。最近夜の読み聞かせをサボりがちでしたが、自分から「読んで」と持ってきてくれて、毎晩読むようになりました。娘に見せたら真っ黒のちびくろさんぼを見て『負けたぁ〜』と一言(爆)ライバル意識を燃やしてたとは想定外でした(^_^;)ちびくろさんぼは懐かしい子供のころに読んだ本のままでした。スッキリ。私自身!あまり内容を覚えていませんでしたが!先日保育園での発表会で息子(4歳)のクラスがこの物語の劇をしていました。絵本が好きな息子に是非内容をもう一度読み聞かせてやりたいと思い購入。やっぱりバターになるところとホットケーキをたくさん食べるところが面白いようです。子供への読み聞かせ用として購入しました。何度もせがまれて読んであげました。小さい時に読んだこの本がいまでは、社会的ないろいろな問題があり、幼稚園や小学校でも読まれなくなったと聞きました。私が子供の頃にも読んだ事がある絵本で!確か絶版になっていた。色々な問題を抱えている本ではありますが!私はとても懐かしく好きな本ですし!大人が読んでも興味深い本だと思います。懐かしいです。との事で購入しました。子供たちも不思議そうに聞いていました。ちびくろサンボ 最高です。もう50年も前にこのお話を白黒映画でみた「さんぼを追いかけるトラが木のまわりをぐるぐる回っているうちにバターになっちゃった」この場面がなんだかおかしくてすきでした。とてもなつかしく!こちらもわくわくしてくるような絵本でした。その後も復刊を望む声は多くありましたが!岩波書店はもちろんどの出版社も!それに応えようとはしませんでした。もう発売されないと思っていましたが子供にも読ませることができました。所有はしていませんでしたが何度も何度も読んで!バターのところが最高でした。内容はやはり「???」でした。楽天ブックスで見つけたので早速、孫へプレゼントしました。ちびくろさんぼの衣装も可愛いし。いつまでも忘れられない絵本です。字が多いのに話の面白さとイラストに子供たちは夢中になりました。でも家族に転送してもらっての受け取りなので、まだまだ手元に届くには時間がかかりそうです。子供の頃読んだものの!内容を忘れてしまったので買ってみました。2歳と3歳の子供にどうかと購入しました。懐かしくて また ホットケーキが非常に食べたくなる絵本でした。。早く読み聞かせたいな。直ぐに在庫がなくなるのであった時は早めに購入した方がいいですよ!甥っ子のクリスマスプレゼントに、自分も読みたくて購入してみました。本屋で手にしたものの子供が他の本を欲しがった為に買わず終いでした。ものがたりは、こどもたちには創造もつかない展開だったようで、「え〜っ」と目を輝かせていました。5歳の娘は超お気に入りです。ただ!日本語のレイアウトが若干読みにくいです。ただ絵が!昔とちょっと違う?子どもたちは楽しく読んでいました。真っ黒に日焼けした娘がちびくろさんぼみたいだねぇ〜と言われてからちびくろさんぼって誰?誰?とうるさいので今回ショックを受ける事を覚悟で購入しました。バターの池はやはり子供心にはわくわくするようですね。我が家の子供たちもなんでバターになるの〜!っと面白がっていました。バターになるところが好きでした。一度目は読んであげ、そのあとは何度も自分で読みかえしていました。復刻したんですね。子供にも興味を持ってもらえたらいいなっと思い購入してみました。読んで読んでとせがんできます。なぜ?約20年ぶりに読みました。じっと聞きながら、時には絵を指さして質問してくるのを答えながら読んでいます。読み返してみると!忘れていた部分が多くありましたがやはり面白いです。本書は我が国では一九五三年に岩波書店から発売され!一九八八年に絶版になるまで日本中のこどもたちに親しまれていた絵本です。一時期出版停止になってしまっていましたが!もとのタイトルどおり再販されていて嬉しくて購入しました。寝る前の時間に布団で読んでやっています。何度も読んでほしいものです。ちびくろ・さんぼは何で廃刊になったか?人種差別と言うけれど何が人種差別なの?人種差別と思っている人が、人種を差別しているのだと思う。