読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーノルド・ローベルがオススメ 2017年度 ともだち

シリーズで集めてみようかな、と思います。妻のリクエストで購入。子供ががまくんとかえるくんの、お話が大好きでシリーズものでしたので買い揃えました。

早速ご紹介♪

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

ともだち アーノルド・ローベルふたりはともだち [ アーノルド・ローベル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

こどものお友達の誕生日プレゼントに!教科書にも掲載されていたので「知ってる知ってる!」と好評でした!「6歳の娘に初めての児童文学を」と思い!絵本の先生おすすめのこれを購入しました。が!年少と年長の子供は気に入ったようです。ほのぼのした友情のお話でした。待ちくたびれましたが、本の内容はとてもほのぼのとして心温まるものでした。」と思うほのぼのした良いお話でした。。子供のクリスマスプレゼントに。この本は全4冊のシリーズになっており、それぞれ5話ほど収録されています。初めは★3つでしたが、今は5つです。小学校の国語の教科書にも出てくる「おてがみ」をはじめ,名作がずらり並んでいます。子供の学校の教科書(小2)に!この中の1つのお話「おてがみ」が載っていて!子供も気に入ったようでしたので!クリスマスプレゼントとして購入しました。ちなみに今回同じ本の英語版が半額でしたので同時に購入しました。 小さいころ、本好きだった私に母がたくさん絵本を買ってくれてその中の一冊でした。もちろん妻も大喜びでした。小学校低学年向きだそうですが、年長の娘は2日で自分で読破してしまい残念。1年生の息子にも読めて!毎晩のお休み前の読み聞かせにぴったりです。どのお話もほのぼのとしていて!あったかい気持ちにさせてくれ!お薦めの一冊だと思います。ほのぼのする1冊。「これで終わり?」と思う話もありましたが「おてがみ」は小学校教科書に採用されるだけあり「友達っていいねぇ。届くのに8日かかりました。小学生向けなので少し早いかなと思いつつも、4歳の息子の読み聞かせ用に購入しました。』って持ってくるようになりました。正直なところ私は!特に盛り上がりもなくあまり面白いと思いませんでした。私の小さなころからあり、私自身も記憶に残っている名作絵本なので子供たちと大事に心豊かに読み継いでいこうと思います。友達から勧められて購入しました。ほのぼのした中に笑いがあり癒されます。イラストが年長向け(?)なので当初興味がなさそうでしたが!一話が短めのお話が5話あり『なくしたボタン』の話をとても気に入ったらしく!『かえるくんのお話読んで。と、思っていましたが、2回、3回と繰り返し読んでいると、1人でくすくす笑っていたリして、このお話のおもしろさに気付いたようです。娘が現在国語で学んでいるのをきっかけに購入(小2です)。心温まる1冊でした。子供(年中)はいまいちな反応でしたが!もう少し大きくなったら!興味を示すのではないかと思っています。 懐かしくて、そして、私の好きな本だったので、五歳になる娘へ読み伝えていけたらいいなと思い、購入しました。娘も気に入っています。いくつかのお話が入っています。どれもオススメ。私が読んだ事がなかったので購入してみました。息子が幼稚園で読みきかせをして貰った本です。