ホイチョイ・プロダクションズの通販が激安価格っ | 気くばり

。 例の事件(電通の新入社員が残業させられすぎて自殺した事件。だから、タイトルに「鬼」とか入っている。

コチラですっ♪

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

気くばり ホイチョイ・プロダクションズ電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり (講談社+α文庫) [ ホイチョイ・プロダクションズ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

まあ面白かった。2017年3月30日読了 電通マンがやっているサラリーマンに参考にしてほしい仕事上の気配りを書いたもの。 簡単に読める本なので、サラリーマンで成功したい人は、毎日寝る前にこれを読んでもいいかもしれない。タイトル変えただけのリメイク本らしいですが、自分は初めて読みました。と言うか、事件後だったら出てない本かも。そりゃ過労になるわ。 書いていることはもっともなことで!俺に言わせればわざわざ書いたり読んだりするほどの内容でもない。そのニュースで電通の「鬼十則」が取り上げられた)の前に出された本。 話はそれたが!この本に書いてある内容は!まあ当たり前の事。世の中の(俺以外の)サラリーマンは、このレベルもわかってないんだなーという感じ。自身のビジネスマナーに役立つかといわれれば微妙ですが!読み物としては間違いなく面白い。広告代理店の電通マンの生き様をここぞとばかりに紹介しています。もっと過激でスゴイ内容かと思っていました!『戦略おべっか』のタイトル変えただけとは帯には書いてありましたが、新たなホイチョイを期待した私的にには、騙され感が半端ないあのホイチョイ作品。と言いつつ!参考になるなとか思った。例の事件は、残業させられすぎなところが問題だっただけで、「鬼十則」関係無いんじゃないかと思った。 本に書いている36通りの個々の内容は共感できるが!前書き的なところに書いている!こういう気配りは相手の事を思ってするのではなく自分が出世するためにするんだ的なことは!なんか違うと思った。スラスラと読める一冊です。「鬼十則」も読んだけど、あれも当たり前の事で大した内容ではない。